2012年11月07日

愛媛からきた再審査請求人

 昨日午後、労働保険審査会の公開審理に代理人として出席した。再審査請求人は愛媛県のMさん(男性66歳)。早朝飛行機で上京した。東京にいる者には港区芝公園にある労働保険審査会は近いが、地方在住者にとって東京の審査会は限りなく遠い。さすがに近年はテレビ会議システムが導入され、請求人が地方労働局の会議室にいて東京の審査会とテレビ中継しながら審理できるようになった。ただしテレビ会議方式にもいろいろ問題点が指摘されている

 Mさんは東京の審査委員に直接、労基署の決定の不当性を訴えたいと考え、車イスで飛行機に搭乗し、羽田空港から杖をつきながら審査会に来たのだ。
 長年愛媛で労災職業病の相談をしていたHさんから電話があり、本人がどうしても東京の審査会に行きたいというので、代理人として付き添ってほしいと頼まれた。後日、事件資料も送られてきた。この日、審査会の7階の控室で初めてMさんにお会いし、一緒に審理に出席することにした。

 Mさんは用意したメモをみながら20分にわたり堂々と意見を述べた。熱弁だった。審査長は15分で終わらせろと言っていたが、彼の訴えをさえぎることはできなかった。
 Mさんは14年前に生死をさまようほどの大けがを負った。障害等級7級とされたが、その後症状が悪化し、様々な症状に苦しんだ。やっとの思いで専門医に出会い、1年半まって手術を受けた。難しい手術だったが成功し、労災の再発も認められた。彼の再審査請求は、苦労して再発が認められたのに移送費(通院費)が不支給処分にされたのは納得がいかないというものだった。

 審査委員の一人から、どのような経緯で遠方の病院に行くことになったのか質問された。Mさんは、いろんな病院にかかるうちに同じ病気の患者会と出会い、専門医を紹介されたのだった。そのことを汗をかきながら一生懸命説明した。審理は30分ほどで打ち切りとなった。実にあっけないものだ。控室に戻り、Mさんをねぎらう。言うべきことは言えたと満足げだった。
 Mさんは、その日の夜、新宿から出発する夜行バスで愛媛に帰った。Mさんお疲れさまでした。よい結果になることを願っております。



posted by toshc at 15:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。