2012年10月26日

三多摩労働安全衛生センターの総会で被ばく労働問題を話す

 10月26日(金)夜、国分寺労政会館で三多摩労働安全衛生センターの第27期総会が開催された。総会議事に先立ち、記念講演として飯田勝泰が「フクイチの現状と続く被曝労働」と題して1時間ほど話した。

 三多摩安全センターは専従者がいないが、議長の西畠正弁護士(TOSHCの副代表理事も務める)と被災者、労組活動家、医師、弁護士の運営委員が、相談活動や学習会、三多摩労働安全衛生学校など積極的な取り組みを行ってる。

 次年度の活動方針は、「三多摩でのセンター活動も4半世紀を経て、いっそう三多摩の労働者の労災職業病問題の中軸になるように、活動していこうと思います。この14年間、毎年自殺者が3万人を超えるという異常な企業社会にあって、地域安全センターが、その救済の一助になるように、メンタルヘルスの活動を続けていきます。専従体制のない中で、学習会、ホットライン、労安学校、セミナーなど、年間を通じて活動が絶えないようにしてきました。この成果が徐々に出てくるように、今期も中小零細職場での労働者の健康と安全を確保し、労災職業病のない職場を目指したいと思います」。

20121026三多摩安全センター総会.jpg

 志を同じくする三多摩労働安全衛生センターを益々のの発展を期待したい。
posted by toshc at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。