2012年09月25日

緊急シンポジウムやります−建物のアスベストにご用心!

 緊急シンポジウムのご案内
アスベストにご用心!建築物の解体・改修におけるアスベストの適正処理

■増え続けるアスベストによる死者
 アスベストによる被害は、中皮腫による死亡者だけで16年間で2.5倍のペースで増え続けている。2011年には年間の死者1,258人に達した。このほかアスベスト関連の肺がんの死者を含めると、年間2,000人〜3,000人がアスベストによる病気で亡くなっている。
 これまで日本は1,000万トンのアスベストを輸入し、約9割を建材に使用してきた。アスベスト含有建材は、今なお私たちの身の回りに大量に残っている。建物の解体・改修の際にはアスベストが飛散し、さらに健康被害を拡大する可能性がある。

■大気汚染防止法の改正に向けて
 今年6月、環境省はアスベスト除去時等にアスベスト飛散防止の規制を強化するため大気汚染法改正のための専門検討会を設け検討を進めている。専門検討会では、行政の立入り権限の強化、大気濃度測定の義務化、利益相反の禁止、建物所有者の責任強化、違反への罰則強化などが検討されている。本シンポジウムでは、委員会の委員や専門家が参加し、現状の課題や今後のアスベスト規制のあり方を議論する。

■日時 2012年10月7日(日)13:00開場 13:30開始〜16:30終了(予定)
■会場 江東区亀戸文化センター(カメリアプラザ5階研修室)
■第1部 13:30〜14:30
 ・アスベスト問題の全体像  外山尚紀(東京労働安全衛生センター)
 ・アスベスト飛散事故の現状 井部正之(ジャーナリスト)
 ・アスベスト除去、日米の実態 亀元宏宣(EFAラボラトリーズ)
■第2部 14:40〜15:40
 ・大気汚染防止法のアスベスト対策の現状と課題  大塚直(早稲田大学法学部)
 ・廃掃法の視点から見た大防法改正に望むもの  坂本博之(弁護士)
 ・大気汚染防止法改正に望む理念と具体条項 牛島聡美(弁護士)
■第3部 15:50〜16:30 討論
■参加費 無料
■主 催 大気汚染防止法の改正を考える弁護士の会/中皮腫・じん肺・アスベストセンター/東京労働安全衛生センター
■問い合わせ 東京労働安全衛生センター 電話03-3683-9765
■シンポチラシダウンロード
20121007緊急シンポ・アスベストにご用心.pdf

 




posted by toshc at 12:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。