2012年09月20日

建設じん肺被災者の会・ひまわりの会が10回目の総会

 9月20日(木)午後、TOSHC4階会議室で、建設じん肺被災者の会・東京(ひまわりの会)、全国じん肺患者同盟建設東京支部の第10回総会が開催された。開会に先立ち、今年度4名の支部員の逝去を悼み黙祷を捧げた。
 星川昭三会長の挨拶に続き、来賓として全建総連東京都連の島田照夫労働対策部長、ひらの亀戸ひまわり診療所の名取雄司医師、TOSHCから飯田勝泰が祝いの言葉を述べた。

20120920じん肺ひまわりの会第10回総会.jpg

 島田部長は、首都圏建設アスベスト訴訟の東京判決が9月26日から12月5日に延期になったことにふれ、「5月の横浜訴訟敗訴の不当判決を乗り越え、よい判決を勝ち取るために頑張ろう」と訴えた。
 総会に参加した支部員、家族、建設ユニオン等の組合事務局にマイクを回し、自己紹介をしてもらった。そのなかで、初めて参加した患者さんが「自分も会の仲間に入ってやっていきたい」と述べ、大きな拍手が送られた。
 総会では、活動報告、会計報告、方針・予算案が提起され全体の拍手で承認された。会長の星川さん、副会長の町田伸之介さんに新任の赤堀義治さんが副会長に加わった。また会の顧問に、全建総連東京都連元委員長の渡邊守光さん、島田照夫労対部長が就任。ひまわり会にとって心強い後ろ盾になってくれるだろう。
 
 
posted by toshc at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。