2012年09月18日

9/13-14女川、気仙沼で被災地アスベストシンポのオルグ

 9月13日(木)〜14日(金)の両日、宮城県の女川、気仙沼を駆け足で回り、両地域で開催する「被災地のアスベスト問題を考える集い」の宣伝・オルグ活動を行って来た。女川では総合体育館の裏手にある仮設住宅にもポスティング。がれきの仮置き場の粉じんが海風によって漂ってくる新田、清水地区の仮設住宅にもチラシを持参した。仮設の人々もアスベストに不安を感じていることがわかった。また気仙沼では気仙沼まちづりセンターが運営するコミュニティラジオFMのスタジオを訪ね、当日14時からのライブ番組で被災地アスベスト問題のイベント情報として紹介してもらうことができた。
<チラシ>
 20120922被災地のアスベスト問題を考える集いin女川.pdf
 20120929被災地のアスベスト問題を考える集いin気仙沼.pdf
posted by toshc at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。